交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

お得情報サイト7

交通事故慰謝料の相談で症状固定とは
交通事故の治療をしていて、加害者の保険会社から、「症状固定で打ち切りです」と告げられる場合があります。そのためこの意味を理解しておくと役立ちます。症状固定とは、症状が固定し、これ以上いくら治療してもよくならないことをいいます。

すると、あとは後遺害障害の認定の問題となり、治療としては打ち切られ、それ以後の治療費や通院のための交通費などは請求できません。そのため、もっとよく治療したいと思う場合に、打ち切られると困ってしまいます。

そのため、最初の治療段階で、そういわれないような治療をしていくことが大切です。また、加害者の保険会社がそのようなことを言ってきても反論できるだけの知識があることが大切です。正しい治療が長くなるほど、交通事故慰謝料も高くなっていきます。それらについては、経験のある交通事故専門の弁護士への相談が役立ちます。

適正な額の交通事故慰謝料を得るには

交通事故の賠償金にははっきりした基準があり、それに沿ってほぼ機械的に額が決まります。ただ、基準は三つあり、どの基準を使うかによって額は大きく異なります。賠償金の1項目である交通事故慰謝料の場合、加害者がひき逃げ、救護義務違反、証拠隠滅、否認、被害者への責任転嫁、加害者側からの訴訟提起、赤信号無視、飲酒運転、などをおこなった場合は、慰謝料増額事由に該当することになり、弁護士に依頼すれば、増額されます。

これらの事由を考慮した交通事故慰謝料額が、適正額です。しかし、自賠責基準でも、個人で任意保険会社と交渉した場合も、増額事由によっての増額はされません。

いろんなケースがある交通事故慰謝料

もちろん交通事故慰謝料についてはシンプルに計算できる場合もあれば、かなり複雑となっている事もあります。ですので、交通事故慰謝料について説明されている物を読んだだけでは、自分のケースについて把握できない事もあります。

できるだけ交通事故慰謝料については早期に解決できて、お互いに納得する事ができればいいですが、厳しいと感じられる時には、法律家を頼る事で自分の代わりに対応してもらう事ができます。

交通事故慰謝料について他の人のケースについて知ると、自分もそうなのかと思う事もありますが、同じ交通事故はありませんので、交通事故慰謝料の金額もそれぞれ違ってきます。その事を把握しておきましょう。

人身事故の交通事故慰謝料の基準は

人身事故の交通事故慰謝料には、はっきりとした基準があります。慰謝料とは、肉体的精神的苦痛に対する賠償金ですが、医療費と違い、どう金額を算定するかが問題となります。交通事故の場合は、件数が非常に多いため、慰謝料の基準をあらかじめ定め、それをもとにして交通事故慰謝料が算出されます。

基準は、自賠責基準と裁判基準がありますが、裁判基準は弁護士がついたときに適用される基準で、弁護士がつかない場合は自賠責基準か、任意保険会社の独自の基準で算定されます。裁判基準が最も高額となり、妥当な額ということになります。

交通事故慰謝料について