交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

お得情報サイト7

交通事故慰謝料、示談で悩んだ時の相談相手は
交通事故で怪我をした場合、相手側と慰謝料や示談交渉をすることになります。  しかし、普通の人は詳しくありませんので。相手側の提示内容や状況について良いのか悪いのか判断することができません。

 もし、疑問点があったり、悩んだ時はそのままにしないで直ぐに弁護士に相談することが必要です。  弁護士は交通事故慰謝料請求の専門家であり、示談交渉を数多くこなしており、頼りになる存在です。

 また、数多くの案件をこなしているので、基準が分かりますし、相手が提示した慰謝料や示談の内容に不備があるかどうか瞬時に判断してくれます。  疑問があればすぐに相談すればすっきりすることができます。

交通事故慰謝料と事故前の収入

交通事故に遭う前の収入は、賠償金の額に影響します。賠償金には、積極損害、消極損害、交通事故慰謝料、物損の4つがあり、このうちの積極損害、消極損害の額は、被害者の事故前の収入の額で決まります。

ただし、主婦の場合は、事故前にそれがゼロであっても、積極損害として、1日あたり5700円以上が支払われます。  交通事故慰謝料は、それとは関係がありません。自賠責保険では被害者の入通院期間と頻度だけで決まりますし、任意保険基準や弁護士基準では、けがの重傷度も加味して決められます。ひき逃げや加害者からの訴訟提起などの慰謝料増額事由があれば、それも影響します。

交通事故慰謝料の弁護士基準を確認しよう

交通事故慰謝料の支払い額の相場については、弁護士基準が採用されるケースが多いものの、加入先の保険会社の商品の補償内容を予めじっくりと確認することが求められます。 特に、治療が長期間にわたっているケースに関しては、交通事故慰謝料の増額が認められることがあるため、少しでも分からないことがあれば、ためらわずに担当のスタッフと話し合いをすることが良いでしょう。

一般的に、交通事故慰謝料に関する弁護士基準は、素人にとって理解しにくいところが多いことが分かっています。 そこで、定期的に経験者の実体験を聞くことがおすすめです。

加害者が任意保険に入っていた場合の交通事故慰謝料

交通事故慰謝料は、加害者が任意保険に加入していた場合は、その任意保険会社の基準による金額が被害者に提示されます。交通事故慰謝料の基準は、あらかじめ決まっており、広く公開されています。

基準は、自賠責基準と裁判基準とがあり、任意保険会社の提示する金額は、自賠責基準と同じか、それよりも低い額であることが多いです。被害者に弁護士がつくと、裁判基準に近い額で示談することもありますが、示談がまとまらず、裁判になることもあります。裁判になると、裁判基準による慰謝料が支払われます。弁護士なしに、裁判基準で示談が成立することはありません。

交通事故慰謝料について