交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

理由はあれど許されない言葉の暴力。モラハラ離婚

モラハラ離婚で離婚する方は少なくありません。モラハラをする理由は様々で、仕事によるストレスだったり被害者に直接関係ない身勝手な理由もたくさんあります。しかしモラハラを受ける側は、自分が悪いと一方的にご自身を責めてしまうケースがあり、精神的に酷く追いつめられることもあるようです。

仕事や育児もできなくなる前に、一度弁護士などに相談してみましょう。フリーダイヤルや無料のお問い合わせフォームを用意している所もあるので、訴訟に進む前に知りたいことを聞いておくのがおすすめです。ご自身を責めるのはやめ、未来のためにも、解決への一歩を踏み出しましょう。

モラハラ離婚の被害者について

モラハラの被害者は、自分を被害者と思わず、自分が至らないから怒らせてしまうんだという意識がある方が多いものです。しかし、その間違いに気づいたら、離婚を選択することが得策とも言えます。

それは、モラハラというものは治ることがないからです。状況が許すならば、早めに離婚して新たな人生を送ることを選択することがベストとも言えます。モラハラ離婚には弁護士を立てて、のちの人生設計や、離婚後のトラブルに発展しないようにすることが大切です。モラハラ離婚に強い弁護士に相談することで、依頼主が優位に立って離婚へ進められるようにサポートしてもらえます。

モラハラ離婚につながる言葉とは

多くのモラハラ離婚で、言葉が辛かったという話が出てきます。 それは、夫婦なのだからこれくらいいいじゃないかという認識で 発された、冗談のつもりだった文言などが、言われた側にとってはとても辛かったというすれ違いが あるからです。

モラハラ離婚を避けるには、その言葉を本当に相手が嫌がっていないのか、 定期的にきちんと確認する必要があります。 価値観や感受性は人それぞれですから、悪意がなくとも、ひどく傷つけてしまうことがあり、 また、夫婦だからこそそれを言わないでいるうちに溝が深まるということが 多いのです。 どんな文言なら平気なのか、嫌なのか、想像力を働かせる必要があります。

モラハラ離婚の際の財産分与の方法

モラハラ離婚を検討している人は、全国に大勢いるといわれていますが、財産分与の手続きをスムーズに行うために、プロの弁護士に相談をすることがとても重要です。現在では、格安の価格で相談を受け付けてくれる法律事務所が増加しており、幅広い世代の消費者からの期待が寄せられています。

また、財産分与に関するトラブルを解決するうえで、数年以上にわたる時間が必要となることがあるため、早いうちに依頼先を見つけることが肝心です。その他、話題の法律事務所のサービスの品質を調べるにあたり、複数の利用者のレビューに目を向けることが良いでしょう。

モラハラ離婚の加害者との交渉は

モラハラ離婚の場合、加害者は「何が悪いのか一向に見当がつかない」というケースが多く、例えばDVなどが原因の場合には「明らかに非がある」と加害者本人もわかっています。

しかしモラハラは「相手がモラルがないからこちらの言い分を理解していないだけだ」と自信を持っていますので、いつでも「正す立場」であったり「教えてあげている立場」で、相手を有能な自分を理解できない無能さから争いになっていると受け止めていることも多いのです。そのようなスタンスでは話も進みません。被害者は弁護士に相談のうえ、第三者の目で判断してもらい、代理人として相手と話し合ってもらうのが一番スムーズに話が進む方法です。

離婚の関連記事