交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

むちうちによる賠償額の合意と慰謝料相場について

交通事故がもとでむちうちになってしまった場合、加害者に対して請求することができるお金はいろいろあります。まず治療費や通院費、入院雑費、診断書作成にかかった費用、会社を休むことによって被った損害に対する費用、さらに慰謝料を請求することができる場合もあります。

慰謝料には精神的苦痛に対するものから後遺障害慰謝料、さらには後遺障害がなければ得ることができたであろう収入に対する請求などがあります。慰謝料相場は損害の大きさによって異なります。したがってむちうちになれば賠償額はこれくらいとは言いにくいのですがおおまかな基準はあります。

まず、自賠責基準の慰謝料です。これは実通院日数×2あるいは治療期間のどちらか少ない方に4,200円をかけたものです。120万円が限度となっているので、もしこれを超えるようなことになると、任意保険の基準によって慰謝料を算出することになります。

やはり怪我の程度によって賠償額は異なりますが、大まかな慰謝料の基準では、入院していた期間と通院していた期間によって算出されます。これらの基準よりもさらに多くの慰謝料を請求することも可能です。それは弁護士を立てて交渉した場合です。明確な根拠を示さなければなりませんが保険会社よりも慰謝料相場は高いです。

むちうちによる保険金の支払いと慰謝料相場について

追突などの交通事故でむちうち症になり、仕事を休まなければならなくなったり入院や通院が必要となる場合、治療費や休業損害のほか、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料などを加害者(保険会社)に請求することができます。

むちうち症状は追突事故などで首に強い力が加わり、首や肩、腕などに痛みやしびれが出る症状。医療機関では主に「頚椎捻挫」「頸部挫傷」などと診断されるケースが多いです。 被害者からの請求に対し、保険会社が妥当だと判断した範囲で治療費や通院費、慰謝料などが保険金として支払われます。損額の請求は保険会社との交渉になりますので、専門家である弁護士に依頼することで、より多くの賠償金を得られる場合もあります。

入通院慰謝料は入院、通院によって精神的な苦痛を被った場合、後遺障害慰謝料は後遺障害認定された場合にそれぞれ加害者に請求できます。 入通院の慰謝料相場は自賠責保険の場合、通院日数×2または治療日数のどちらか少ない方×4200円。任意保険の場合は状況により変動はありますが、通院6ヵ月で64万2000円、入院1カ月通院83万2000円です。 このほか後遺障害に認定されると、14級の場合、40万円ほどが賠償されます。

むちうち慰謝料相場について