交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

多いモラハラ離婚の相談

弁護士事務所に対して、モラハラ離婚の相談をする人は多いみたいですが、その中でもモラハラ離婚の相談をする人も少なくないみたいです。離婚問題を扱っている弁護士事務所のwebサイトにおいては、モラハラ離婚専用のページが掲載されている事もあります。

その場合には、モラハラ離婚について相談しやすいのではないでしょうか。また、モラハラ離婚について相談しにくいと感じている女性の相談者が利用しやすい様に、キッズスペースを設けるなどして、女性の弁護士が相談を受けてくれる事もあるみたいです。

この様に話を聞いてくれて、実行してくれる機関というのはとても助かりますね。弁護士に力になって欲しいですね。

モラハラ離婚に有利なのは発言の証拠です

様々な理由で離婚を決断する夫婦は多いのですが、その中で最近増えているのが「モラハラ離婚」です。 その被害者の大半は女性であるケースが多く、ご主人に日常的に心無い扱いを受けていて心身ともに疲れてしまい、離婚を決断するという方が大変増えています。

ただし、モラハラをするような相手に対してなんの手立てもなく離婚を申し出たところで拒否されているのは火を見るより明らかです。ですから、しっかりと「モラハラの証拠」を掴んだ上で離婚を申し出ることが大切です。 その証拠の中でも有利なのが「モラハラ発言の証拠」などです。

証拠の取り方や離婚の進め方などに自信がない方は、弁護士などの法律家に相談することが大変おすすめです。弁護士は離婚の協議方法だけでなく、財産分与や慰謝料などについても幅広く相談に乗ってくれます。

再婚がモラハラ離婚の直後なら口を慎む

幸運にも滞りなくモラハラ離婚を成立させてから正規の手続きを踏んで再婚してからの日々は、口が軽い性格を改め注意深く生活を送れば平穏さが際立ちます。

直近まで籍を入れていた異性に再婚した旨を話したら、羨ましがり付近で生活し始める確率が低くありません。常時生活の様子を見られている気分になるので、口を固く閉ざす必要があります。

その一方でモラハラ離婚した過去を新たな配偶者に伝えると、急に本心をさらけ出してくれなくなる可能性が否めないです。仲睦まじい日々が崩れた途端に、厳正な協議が始まるように受け取られるからです。

女性からモラハラ離婚をするには

配偶者から人格否定をされたりひどい言葉を浴びせられるモラハラは、精神的DVに分類され、許されてはならないものです。夫婦間のモラハラでは、加害者は常識を盾にして妻の生活や言動を制限します。モラハラ離婚をするのは妻の意志だけでは難しく、女性の相談に乗ってくれたり支援してくれる機関や団体、弁護士の存在が必要となります。

モラハラ離婚で夫の加害を実証するのは大変難しいのが現状です。女性からのモラハラ離婚の方法に詳しく、過去に離婚を成立させたり慰謝料の支払わせた実績がある弁護士を見つけて相談するのが良いでしょう。

離婚の関連記事