交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

お得情報サイト7

交通事故の慰謝料と被害者の過失
100パーセント加害者が悪いという交通事故もあれば、被害者にも原因があったという場合もあるでしょう。

また、その場合にはどの程度被害者に過失があったのかという事によって、最終的に支払われる慰謝料に違いが出てくる事もあります。その割合が問題となってきます。

場合によっては過失相殺となる場合もあります。その事をふまえて、交通事故慰謝料が妥当であるかどうかという判断をしなくてはいけません。

金額だけ見ているだけでは、高いか安いかとう判断が難しい部分もあるかと思います。より詳しい状況を考慮した上で、どうなのかという事が重要になってくるでしょう。

専門知識が求められる事でしょう。

妥当な額の交通事故慰謝料の請求

交通事故慰謝料は、慰謝料の増額事由にある行為があった場合は、割り増しとなります。慰謝料を増額する事由とは、ひき逃げ、否認、被害者への責任転嫁などです。ただし、任意保険会社と被害者が個人で交渉している限り、慰謝料の増額事由にいくつ当てはまろうと、増額されることはありません。

そうした行為を受けたことへの慰謝料増額を請求するなら、弁護士の力に頼ることです。弁護士がつくことで、初めて、妥当な額の交通事故慰謝料を支払わせることができます。加害者が入っている保険会社は加害者の代理人であり、身内のようなものです。中立の立場のように勘違いしてはなりません。

被害者が交通事故慰謝料を受け取るための手続き

人身事故の被害者が請求できる交通事故慰謝料の金額は、それぞれのけがの程度や治療の期間などによって、大きな違いが出ることがあります。 そこで、早期に弁護士や司法書士などのプロに対応を任せることはもちろん、加害者側の保険会社の担当者と交渉をすることがポイントです。

一般的に、交通事故慰謝料の金額を算定する際には、現場検証を行った後に、主治医の診断書が必要となるケースがあります。 そのため、もしも交通事故慰謝料を受け取るための手続きの進め方についてわからないことがあれば、各方面の窓口を利用することが有効です。

怪我の重傷度と交通事故慰謝料

交通事故慰謝料は、怪我の重傷度で決まるべきであると誰もが考えるでしょうが、現実には必ずしもそうはなっていません。交通事故慰謝料を算定する基準には、自賠責基準と裁判基準がありますが、自賠責基準の入通院慰謝料には、怪我の重傷度は関係しません。

入院も通院も区別されず、入通院として同じ扱いとなります。後遺症が残った場合は、自賠責基準でも、その重症度によって慰謝料の金額が大きく異なります。裁判基準では、入通院慰謝料についても、重傷度が関係してきます。裁判基準で慰謝料を得るには、弁護士をつける必要があります。

交通事故慰謝料について