交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

相手を死亡させてしまった場合の交通事故慰謝料の事例とは

相手を死亡させてしまった事例の交通事故慰謝料は、現在ほぼ金額が定額化されています。弁護士会基準では、死者が一家の大黒柱的な存在の場合は2700万円から3100万円ということになります。大黒柱的な存在に準じる人の場合は2400万円から2700万円、それ以外の人の場合は2000万円から2500万円と、このような感じでほぼ定額化されています。

しかしこれはあくまでも弁護士会の基準で、各保険会社でもそれぞれ独自の基準をもっています。保険会社の基準は通常弁護士会の基準よりも低い場合が多く、保険会社の交渉担当者は弁護士会の基準よりも低い金額を提示してきます。

保険屋の提示してくる金額に納得がいかないならしっかり交渉する必要があります。また交通事故慰謝料は損害賠償の一種ですが、損害賠償額は過失割合によって金額が変わってきます。過失割合というのは事故当事者の過失の責任の度合いで、その度合いに応じて損害賠償額は減額されることになります。

たとえば死亡した事例だと、弁護士会基準なら慰謝料の最高額は3100万円ということになりますが、仮に過失割合が五分五分だったとすると、50%減額されて慰謝料は1500万円くらいということになります。

事故で支払われる交通事故慰謝料が増額した事例はあるか

 交通事故慰謝料が増額された事例は数え切れないほどあります。交通事故慰謝料は、他の事件や事故の慰謝料とは違い、ケースバイケースでの対応ということは基本的におこないません。自賠責保険では、基準がはっきりと決まっており、それに基づいて機械的に慰謝料が算出されます。

任意保険会社が提示する慰謝料額も、その基準通りのものか、もしくはそれよりも低い金額です。しかし、被害者に弁護士がつくと、慰謝料増額事由に該当する場合は、慰謝料が増額されます。

慰謝料増額事由とは、ひき逃げ、否認、証拠隠滅、被害者への責任転嫁、加害者側からの訴訟提起、飲酒運転、赤信号無視などです。弁護士がつかない限り、これらにいくつ該当しようと、慰謝料が増額されることはありません。

交通事故の件数は膨大であるため、慰謝料の算出基準ははっきりと決められており、公表されています。増額自由に該当していても、弁護士をつけない限り考慮はされません。増額事由に該当している場合、被害者の被害感情は非常に強いものです。弁護士をつけて裁判をした場合は、増額事由の内容により、2割増しから9割増しまで増額になることがあります。10万円アップという事例もありました。

精神的苦痛に対する交通事故慰謝料の事例について

交通事故で被害者に支払われる交通事故慰謝料では精神的な面も考慮されます。 しかし、肉体的な傷と違って、精神的な傷というのは目に見えないので、あいまいな部分もあります。そこで具体的にどのような事例であれば、認められるのか見てみましょう。

例えば、ペットの犬を載せていた車が事故に遭い、その犬が後遺症も残るほどのけがをした事故では、ペットを固定していなかったということで加害者にも過失があるということで過失相殺が認められたのですが、それと同時にペットが死んでしまったということで被害者である飼い主は精神的苦痛を受けたのでペットに対する財産的損害のほかにも交通事故慰謝料が発生するという判決が出ました。

その飼い主には子供がいなったために、ペットをわが子同然に可愛がっていたので、そのショックは並々ならないこと、犬が負った怪我の程度がかなり重症であるということが考慮されたのです。

目には見えなくても状況的に、被害者が精神的苦痛を味わっていると分かるようであれば、裁判所も認めてくれます。なお基本的に人ではなく物(犬も法的にもは物として扱われる)相手の事故では、精神的な面は考慮されることはなく物的な損害だけ取り上げられます。ですから愛車が傷ついてショックだから交通事故慰謝料が欲しいということは普通は認められません。

事故で死亡した人の年齢が交通事故慰謝料に関係した事例はあるか

事故で死亡した人の年齢が交通湖慰謝料に関係した事例については、一般人が把握しにくいところが多くあるため、実績のある法律事務所に相談を持ち掛けることによって、忙しい毎日を過ごしている人であっても、落ち着いて行動をすることができるといわれています。

特に、交通事故慰謝料の計算のポイントに関して迷っていることがある場合には、腕利きの弁護士が揃っている法律事務所の資料請求をすることはもちろん、アフターサービスがしっかりとしている依頼先を見つけることが何よりも大切です。また、交通事故慰謝料の請求の時期に関して知りたいことがあれば、大手の法律事務所の無料相談のチャンスを積極的に活用することが良いでしょう。

もしも、人気の高い法律事務所のスタッフの経歴の長さにこだわりたい場合には、隙間時間を利用しながら、より多くのクライアントの体験談をチェックすることが有効です。その他、いざという時に備えて、おおよその相談料金の相場やスタッフの対応の良しあしなどに目を向けることが肝心です。そして、いくつかの法律事務所の最新の実績を比較することによって、多忙な人にとっても、常にベストなアドバイスを参考にすることができるようになります。

交通事故慰謝料の事例を見てみましょう

交通事故には一生のうちに一度もあわない人もいますし、何回かあってしまう人もいます。どんなに気を付けていたとしても道路を歩いていたり、自転車に乗っていたり、車に運転する人は誰で交通事故にあってもおかしくはありません。

交通事故慰謝料でどういった案件が一番トラブルは多いかご存じですか?一番トラブルに発展しやすいのは後遺障害が残ってしまったような場合には見た目だけでは治ったか、治っていないかが判断できないため、保険会社とも、加害者とも治療費について問題になってしまうようです。事例としては1年ほど通院していた所固定症状に切り替えるから、今後治療費を支払うことはできないと言われてしまうケースです。

交通事故慰謝料は 実績ある専門弁護士で

弁護士基準で交通事故慰謝料見込んでいるなら、予め交通事故専門弁護士に相談する必要がありあす。だまっていたら、相手の自賠責保険の慰謝料額になってしまいます。後遺症で例えば14等級なら、自賠責保険を基準にすると32万円ですが、弁護士基準なら110万円と大きなひらきがあります。

また弁護士もその道の専門性なくてはいけません。相続問題を専門に行う弁護士に依頼しても、勝ち取れないものです。交通事故を専門とした弁護士なら、これまでの判例や交通事故に関連する最新の症例など医療知識も多いものです。できれば、これまでの実績などがあれば、尚ベストではないでしょうか。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故慰謝料について