交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

浮気離婚慰謝料をもらうために

浮気が原因で離婚を選択することになった場合は、相手の不貞が原因ですから、相手に対して慰謝料を請求することができます。しかし慰謝料の請求に応じない場合は裁判を起こすことになりますが、浮気だと判断する根拠がなければ、こちらの言い分を通してもらえないことがありますし、浮気離婚慰謝料も驚くほど少なくなってしまうことがあります。

そのため、浮気離婚をする場合は、浮気だと判断する根拠を示すことができる証拠を確保する必要があります。自分で証拠を得るようにしたり、探偵事務所などに依頼して浮気の証拠を集めることが重要になります。

浮気離婚慰謝料をもらうために浮気を証明しよう!

離婚の最大の要因である浮気。 浮気されて離婚するのであれば、きっちり浮気離婚慰謝料をもらわないと気がすまないですよね。 浮気離婚慰謝料を請求したくても、相手が浮気を認めなければ、浮気を証明する必要があります。

写真など相手がとぼけることが出来ない程の証拠を確保しておきましょう。 自分一人で証拠集めが難しいときは、探偵社などプロに頼むのも良い方法です。 慰謝料は浮気相手か配偶者、もしくはその両方に請求することができます。

浮気相手に慰謝料を請求する場合、浮気相手が配偶者が既婚者だと知らなかった、もしくは知ることのできる状況になかった場合には、慰謝料の請求は難しくなります。 慰謝料は50~400万円の間のことが多く、だいたい200万円くらいが相場のようです。

夫婦の浮気が原因の離婚と浮気離婚慰謝料

夫婦の問題で離婚に至るケースが多いのの一つに浮気があります。浮気は、妻(夫)に心的苦痛を与えるために、慰謝料を請求することが可能ですが、慰謝料の金額については、離婚に至るケース、別居にとどまるケース、離婚も別居もしないケースによって変わってきます。

離婚に至る浮気離婚慰謝料の相場は200万円~300万円です。他のケースはこれよりも下がることが多いです。ただ、浮気離婚慰謝料のほかに財産分与も請求できるので、第三者を交えての交渉が重要になってきます。夫婦だけでは解決できないことが多いので、専門機関に相談すると良いでしょう。

浮気離婚慰謝料の相談を弁護士に依頼

結婚相手が不倫をして離婚へ進んだ場合、浮気相手に浮気離婚慰謝料を請求することができます。感情の高ぶりのまま相手に請求してもうまく進まない場合があるので、弁護士にきちんと相談して少しでも多くの金額が請求できるようにするのが得策です。

浮気離婚慰謝料は、浮気していた年数、精神的苦痛の大きさ、浮気の内容、離婚の有無などによって金額が変わります。また、その証拠があるかないかで大きく変わったりするので、弁護士としっかり打ち合わせをし、アドバイスをもらい、冷静に進めていくことが大切になります。どんな状況でも浮気をされたという事実はつらいものです。その傷がほんの少しでも癒せるように浮気離婚慰謝料はとるべきものです。

浮気離婚慰謝料は男性の方が多く払うのか?

浮気離婚慰謝料は不貞行為によって受けた精神的苦痛などをお金に算定してもらうわけですが、男性が有利で女性が不利である(またはその逆)などといった性別を原因とする金額差はありません。

浮気離婚慰謝料は性別によるものではなく、その不貞行為が夫婦にとってどういった結果をもたらしたかということと、その影響、そして不貞行為の内容や状況といった多くの要因を客観的に見て弾き出されます。

しかし、精神的苦痛というものはうつ病などの病気になってしまった場合を除き、他人にとって計り知ることは容易ではありません。ですので浮気をされた側の人はしっかりと苦痛を受けたのだと主張することは大切です。

離婚の関連記事