交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

交通事故での負傷と弁護士相談

本人すらすぐに気が付かない様な症状が交通事故によって発生する事もあります。たとえば、しびれを感じたり、物事を忘れやすくなったり、機嫌をすぐに損なう様になったり、以前とは異なる変化が出る事もあります。

交通事故の発生から時間が経ってからその様な症状が発生する事もあるようです。自分でこの様な事柄を交渉しにくいと思ったら、弁護士を頼る事もできます。

弁護士が保険会社など相手側と交渉してくれます。難しい交通事故問題でも扱っている弁護士もたくさんあります。交通事故で困った事が出てきたら、早期に弁護士相談をするか考えたいですね。

もし、交通事故の事で弁護士相談をするのであれば、早期の方が好ましい様です。

交通事故弁護士なら裁判基準での賠償を得られる

交通事故の賠償金を決める基準は3つあり、被害者が個人で交渉している場合は、自賠責での数字や任意保険の数字が適用されます。しかし、交通事故弁護士が交渉すると、裁判基準での賠償額となります。それが本来支払われるべき、正当な金額です。

しかし、現実には、交通事故弁護士を代理人に立てた場合に限って、正当な賠償がなされるというふうになってしまっています。賠償金の支払いをする任意保険会社は、妥当な額の賠償をせずに済ませるノウハウを知り尽くしています。それは被害者が個人で交渉しているときは通用しますが、弁護士相手だと無理なので、諦めて支払うという構図です。

保険会社との交渉は交通事故弁護士のサポートで安心

交通事故の被害者は、相手の保険会社と示談交渉をして損害分の賠償請求をしなくてはなりません。交通事故の損害賠償請求にはいろいろな知識が必要で、もしも相手から安い金額で示談を求められたら正当な内容で交渉する必要があります。

交通事故弁護士は、被害者の味方となり相手の保険会社との交渉をサポートしてくれる弁護士です。提示された金額ですぐに示談に応じてしまうと被害者は損をしてしまう可能性がありますが、交通事故弁護士に交渉の代理人になってもらえば被害者が損をしないよう正当な金額で交渉してもらえます。 特に、慰謝料関連や後遺障害の等級認定については交通事故に強い弁護士のサポートが必須です。

法律知識だけでない交通事故弁護士

どの様な点において交通事故弁護士が優れているのかという事について考えると、法律の知識が圧倒的に多いという事がまず考えられます。しかし、交通事故弁護士というのはそれだけではありません。

交通事故弁護士となれば、保険会社と交渉しないといけない場面は多いでしょう。また、交通事故弁護士は、自分で勉強したり、日々の業務の中から幅広くあらゆる事を学んでいる場合が多く、過去の事例についても詳しい事が予想されます。

交通事故弁護士になって間もない人もいますが、何十年と仕事をしてきている人もいます。経験を積み重ねてきている人の方が、能力が高い場合が多いですが、新人も懸命に対応してくれる事もあります。

交通事故弁護士に後遺障害について対応してもらう

交通事故に遭った場合、保険会社に示談交渉を行ってもらいますが、それが不調に終わった場合、交通事故弁護士に依頼することになります。最近は弁護士特約が付いている保険もあるので、費用がかからないケースもあります。

また、無料相談を実施している弁護士事務所もあります。そして、後遺障害が出ている場合には当然ながら相手方に慰謝料を請求することになりますが、この場合には弁護士が裁判で戦ってくれます。まずは弁護士と相談しながら対応を決めていくと良いでしょう。後遺障害が出てしまった場合には、できるだけ慰謝料の確保を目指したいものです。

後遺障害の交通事故弁護士への相談

交通事故がもとで後遺障害が残る場合は、保険金の請求が可能ですが、その際には等級認定が必要となってきます、実際にどのような部位に、どの程度の障害があるのかを客観的に判断し、それをいくつかにわかれた等級に位置づけた上で、等級に応じた保険金が支払われるという制度です。

しかし、この等級認定は書面審査が基本であるため、書面に症状などが十分に記載されていないと、低い等級に認定されてしまう可能性があります。このため、あらかじめ交通事故弁護士による法律相談を受けて、書類の内容をチェックしてもらい、不備などがないように心がけることも重要であるといえます。

交通事故弁護士に相談ついて