交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

交通事故の相談は大阪、京都にいる交通事故弁護士に。交通事故相談会は弁護士事務所、弁護士会が行っています。

交通事故弁護士は大阪の法律事務所などで相談を受け付けています。

お得情報サイト

交通事故慰謝料の弁護士基準についての詳細はお近くの交通事故相談を扱う弁護士事務所へ。

お得情報サイト

交通事故によるむちうちの慰謝料、治療費の相場について。

お得情報サイト

大阪弁護士会弁護士について。

役立ち情報サイト

TOP > 交通事故相談 > 交通事故相談の車両における慰謝料について

目次

交通事故相談の車両における慰謝料について

弁護士に交通事故相談する中で、慰謝料や賠償金の他にも車の相談もする事ができます。車両においての金額は中古車の市場においての販売価格で判断されます。

その車両に事故歴がある際には、販売金額は低額に見積もられてしまう傾向にあります。

そのようなケースの際に交通事故前における車両の金額と、事故後修理完了した車両の金額の差異を格落ち損と言われ、損害賠償請求をすることが可能とされています。

格落ち損はこれを良しとする裁判例や、否定している裁判例と両方ある為、はっきりと明言する事ができません。事故処理については、修理によって原状回復がされる事が多く、格落ち損についても相当軽微になるため問題にならない事が多いです。

知っておきたい交通事故相談や慰謝料等について

自分だけは交通事故など起こさないと、思ってはいませんか。交通事故はとても身近にあり、誰でも巻き込まれる可能性があります。万が一、交通事故に巻き込まれた場合に慌てないように、あらかじめ交通事故相談に乗ってもらえる弁護士をみつけておくといいでしょう。

なぜなら、冷静で法律に強い第三者が間にはいる事で、慰謝料や賠償金等について適正な対応ができるからです。交通事故を起こした場合は、誰でも動揺しています。

動揺している状態で慰謝料や賠償金等の話をしても冷静に考えることはできません。また、法律や相場に疎いと、相手の言い値で払ってしまう可能性もあります。ですので、その筋のプロである交通事故弁護士に任せましょう。

交通事故相談で慰謝料を貰うには

交通事故相談を弁護士さんにすると、必要な賠償金以外にも慰謝料が貰えるかもしれません。保険を使わず自分で対応するとなると、膨大な時間がかかり、交通事故相手と直接話し合わなければならなかったり、相手の保険会社と折衝することになります。

事故状況にもよりますが、交通事故被害者になると、特に自分が加入している保険会社は動くことができません。そんな時安心なのが交通事故弁護士さんへの相談です。保険会社は保険の範囲内の内容しか判断できませんが、法律の立場から助言対応してくれるので、想定外の慰謝料や賠償金を算定してくれる場合もあります。

交通事故相談ついて