交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

刑事処分を伴う交通事故相談は弁護士に依頼

交通事故を起こすと刑事処分、行政処分、民事上の損害賠償の責任が発生します。刑事処分とは裁判所から科せられる罰金になります。

法律では「自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。

ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。」となっています。行政処分とは運転免許の停止や取り消しです。警視庁の発表では「事故の原因となった交通違反に付される点数に、更に事故の際に付される付加点数がプラスされます。

この事故の付加点数については、負傷者の怪我の程度と事故の責任の程度に応じ定められております。」とされているようです。

損害賠償とは被害者が受けた人身や物件の損害を賠償することです。

刑事処分を伴う交通事故相談は弁護士に依頼するしかありませんので、納得できるような結果が導きたいのであれば信頼のできる交通事故弁護士に相談するといいでしょう。

交通事故相談で後遺障害認定申請をして安心の示談交渉

交通事故で後遺障害が残ってしまうと、障害分の慰謝料や逸失利益を請求できます。そのためには、障害の等級認定が必要です。等級の認定申請は相手の保険会社に任せてしまうこともできますが、被害者請求と言って自分で手続きをすれば内容も把握できて安心です。

交通事故が専門の弁護士に交通事故相談をすれば、後遺障害の等級認定の被害者請求を親身にサポートしてもらえます。障害の等級は慰謝料など賠償金の額を左右しますから、医療の知識も豊富な交通事故専門の弁護士に交通事故相談をして被害者請求することで納得の示談交渉ができます。

東海で交通事故相談するなら

東海地方で交通事故相談をするなら、各自治体が定期的におこなっている無料交通事故相談を利用することも考えられますが、交通事故相談は一刻を争うことですので、できれば交通事故専門の法律事務所にすぐ相談することが望まれます。

現在、弁護士費用は自由化されていて、初回相談料無料にしている法律事務所は数多くあります。そこで相談をして、少しでも早い時期に、対処方法のアドバイスを受けたり、交通事故の全体像を説明してもらうことです。そうした知識がなかったために、たいへん不利な状況に陥っている被害者はおおぜいいます。

交通事故にあったら交通事故弁護士に相談を!

交通事故に遭遇した時は、専門的な弁護を得意とする交通事故弁護士へ相談して、保険会社や加害者との示談交渉を有利に進めましょう。一般的に事故を起こした加害者は保険会社という交渉の代理人が存在しますので、被害者も交通事故弁護士のような代理人を味方に付けるのが重要です。

しっかりした弁護士に依頼することで、賠償額が増額したケースも多く見受けられます。交通事故における示談交渉では、加害者側と被害者側の代理人が、問題解決のための話し合いを行います。

過失割合や損害賠償金、後遺障害や慰謝料など、具体的な話し合いが進められますが、加害者と被害者の言い分が異なることで、問題が複雑化するケースも少なくありません。特に被害者側は事故に遭遇したことで心身に対する負担が大きく、怪我や後遺症の治療によるストレスで、加害者側の保険会社に言われるままに賠償額に承諾してしまい、結果として損をする人も多く見られます。

交通弁護士に相談することで、何を行うべきかの適切なアドバイスが受けられるほか、保険会社との示談交渉を行ってもらえるので、煩わしい手続きや交渉を省くことができます。専門家が味方に付いているという安心感も大きく、問題解決の見通しが得られ精神的な負担も軽くなるのもメリットです。

交通事故弁護士に相談ついて