交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

お得情報サイト7

事故後に入院した場合の交通事故慰謝料と弁護士基準について
交通事故慰謝料には、自賠責基準と弁護士基準があります。交通事故慰謝料は、肉体的精神的苦痛への賠償であって、治療費や休業補償と違い、算出するのが難しい項目です。そのため、人身事故の被害者が一律に受けられる自賠責保険からの補償では、簡単な算出基準をあらかじめ定め、その基準どおりに計算されます。

自賠責基準では、入院も通院も同等に扱われますし、けがの重傷度も関係しません。弁護士基準は、弁護士がついた場合に適用される基準です。地域ごとにはっきりと決められていて、公表もされています。こちらの基準では、入院と通院は分けて考え、けがの重傷度によって、慰謝料額が変わります。

また、ひき逃げや被害者への責任転嫁など、加害者の行動に問題があった場合は、慰謝料増額事由とされ、慰謝料が増額されます。慰謝料増額事由にいくつ該当しようと、自賠責保険では一切考慮されません。重傷の場合は、肉体的精神的苦痛が、軽傷の場合よりも大きくて当然ですから、実態に即した慰謝料算定とするには、弁護士に依頼することです。加害者が任意保険に加入していても、被害者が個人で交渉している限り、自賠責基準を上回る慰謝料額となることは、まずありません。

知らないと損する交通事故慰謝料と弁護士基準について

交通事故慰謝料の請求では、弁護士基準について知っておかないと大きな損をすることがあります。その名の通り、弁護士に依頼をして裁判をやったときに実現するであろう金額のことですが、多くの場合に、任意保険会社が独自の基準で算定をする慰謝料の金額よりも高額になります。

弁護士に依頼をすると費用がかかるので、メリットがないと考えてしまう人もいますが、必ずしもそうではありません。例えば、保険会社から100万円の慰謝料を支払うという交渉がされていたとします。弁護士に依頼をすることで、300万円まで増額がされたなら、弁護士費用を差し引いても大きなメリットがあるでしょう。弁護士費用は着手金が10万円、増額報酬が10%となっているなら、合計すると30万円程度になります。最近では着手金がいっさいかからない法律事務所も増えています。

逆に、増額される金額がごくわずかなら、弁護士に依頼をすることにほとんどメリットはないかもしれません。交通事故慰謝料の計算は複雑なので、まずは弁護士に相談をしてみましょう。メールや電話での相談なら、時間も手間もかかりません。弁護士基準が適用されることで交通事故慰謝料が2倍以上になったという例もあるので、知らないと大きな損をしてしまいます。

被害者が死亡した場合の交通事故慰謝料と弁護士基準について

交通事故を起こした際に、ときには最悪なことに、相手が死亡してしまう場合があります。そんなときの交通事故慰謝料の金額としましては、弁護士基準で行きますとほとんどの場合が保険で賄える程度、こちらは新保険にかにをしている方は知っているかと思いますが、無制限での請求ができるようになっています。弁護士基準におきましても、かなりの高額な金額ほとんどが無制限となっています。

これらの金額に起きましては、相手への死亡した人の年齢や、これからの人生の予測などを行い金額が決定されます。この場合の交通事故慰謝料請求につきましては、ほとんどの場合が裁判を行い、裁判所の判断によって金額が決められる場合が多いです。ここで決まった金額は必ず支払いをする義務があり、逃れることはできないのです。中には保険にも入っておらず支払いができないと言う人もいますが、こういった場合に関しましては、強制的に差し押さえが始まってしまいますので注意が必要になってきます。

つまり、分割でも支払いをしなければならなくなりますので給料を差し押さえられる場合がほとんどです。事故を起こさなければ良いのですが、いつ何が起きるか分からないのできちんと保険には入っておくのが良いです。

交通事故慰謝料で知っておきたい自賠責基準と弁護士基準の知識

交通事故慰謝料で知っておきたい自賠責基準と弁護士基準の知識については、大手の法律事務所の公式ホームページなどに大々的に紹介が行われることがあるため、早いうちから便利な情報を集めることがおすすめです。

また、きめ細やかなサービスが行われている法律事務所の取り組みについては、ここ数年のうちに若年層の人々の間で話題となることがありますが、将来的なトラブルを回避するために、腕利きの弁護士や司法書士とコンタクトを取ることが望ましいといえます。

一般的に、交通事故慰謝料の支払い額の相場に関しては、一般の消費者にとって判断に迷いやすいところがあるとされ、ベテランの法律家の見解を尋ねることによって、常日ごろから安心して生活を過ごすことができるといわれています。人気の高い法律事務所のほとんどは、新規のクライアントに対するキャンペーンの内容が充実しているため、いざという時に備えて、信頼度の高い相談先を見つけることが欠かせません。

その他、交通事故慰謝料の弁護士基準と自賠責基準の違いに関して迷っていることがあれば、大手の法律事務所の無料相談の機会を利用することで、優秀な担当者と打ち合わせをすることが良いでしょう。

交通事故慰謝料弁護士基準について。

交通事故慰謝料の弁護士基準の算出方法

交通事故慰謝料を算出する方法には大きく、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準(裁判所基準)の3種類がありますが、裁判所基準は過去の交通事故慰謝料に関する訴訟の判決をもとに定められており、3種類の基準の中でもっとも高い賠償額が出やすいと言われています。

裁判所基準による慰謝料は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」と呼ばれる書籍を用いて決められることが多いです。この書籍では入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3つに分けて基準額を掲載しています。入通院慰謝料は、縦の列を入院月数、横の列を通院月数とした表形式で記載しており、縦の列と横の列が交わるところに記載されている金額を基準額とします。後遺障害慰謝料は、等級ごとに基準額が定められており、最も低い第14級だと110万円、最も高い第1級だと2,800万円になります。

死亡慰謝料の基準額は、死亡した被害者本人に対するものと、被害者の遺族に対するものに分かれており、前者については家庭内の立場に応じて異なっています。例えば、被害者本人が一家を支えている立場だった場合は2,800〜3,600万円が基準額となります。 いずれの慰謝料も、基準額を算定した後、ケースに応じて様々な修正を加えて最終的な支払額を算定します。

交通事故慰謝料の弁護士基準はいつまで対応出来る?

交通事故慰謝料は、示談でその支払いを相手と交渉をして、損害賠償とともに示談金として支払われます。しかし、加害者側が通常加入している保険会社との交渉の場合、保険会社が示談金を出し渋ることが多々あります。これは、保険会社も営利企業なのでしょうがないのですが、被害者からしてみれば損害を受けたことに対する支払いが少ないのは納得できません。

そこで、そういう時は弁護士に交渉を頼んだ方が良いです。弁護士は、裁判で争った場合にいくらになるのかという弁護士基準を基に示談交渉を行っていきますので、交通事故慰謝料について適切な算定をした合意を形成してもらえるように努力してもらうことができます。

いつまで対応をすることができるかというと、基本的には示談の交渉が成立する前です。成立した後も、一定の場合は請求をすることができますが、基本的に合意に拘束されてそれ以上の請求をすることができなくなります。そのため、もし、示談の金額に納得することができなければそのまま合意を結んでしまわず、弁護士に相談をするようにしましょう。弁護士は交渉スキルがあり、相手も強気な対応が取れないので、適切な内容の示談を結ぶことが可能となります。

交通事故相談では慰謝料の額も伝える

現時点で提示されている慰謝料の金額を弁護士に付いた得て、賠償金として正しい金額なのかを知ってもらうことが大事になっています。交通事故相談では、本当に正しい金額になっているのか、受け取れる金額に不当な部分がないかチェックしてくれます。

間違っている場合は、本来の相場に合わせて修正してくれることが多いので、間違った金額を受け取ってしまうこともありません。そして交通事故後の解決を図りやすくなり、短時間でお金の問題を終わらせることができます。相談する際には、受け取る予定の慰謝料は絶対に伝えた方がいいです。

交通事故慰謝料について