交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

むちうちによる必要書類の作成と慰謝料相場について

交通事故に出会った時に貰える慰謝料には3つのものがあります。入通院の費用を賄うための慰謝料と後遺症が残った場合に支払われる慰謝料、被害者が死亡した際に支払われる慰謝料の3つがあります。この3つの合計が慰謝料となるわけです。

交通事故でよく起こるむちうちの場合の慰謝料相場は入退院慰謝料で自賠責保険の場合は日額4200円程度となっています。後遺症慰謝料はだいたい30万~90万前後となっています。ただ、後遺症慰謝料はどのくらいの症状かによってだいぶ幅があるので注意してください。

むちうちの慰謝料を請求するためにさまざまな必要書類があります。請求書、交通事故証明書、事故発生状況報告書、印鑑証明書、診断書、診療報酬明細書、後遺障害診断書などといったものが必要です。これを揃えて自賠責保険会社に提出する必要性があります。

ただ、この中でも後遺障害診断書に関してはなかなか手に入れることが難しいです。というのも、むちうちは他の後遺症障害と比べると軽度と認識されているため、医者から後遺症状だということを引き出すのが困難だからです。そのため、どの病院で検査を受けるのかということが非常に重要となってきます。きちんとした報告書を書いてくれて親身に相談に乗ってくれるお医者さんを探しましょう。

むちうちの毎月の薬代金と慰謝料相場について

車に乗っている時に衝撃によるショックでなったむちうちは、当たった衝撃の強弱によって完治するまでの日数が違ってきます。相手方の過失の度合いにもよりますが、当てた相手にはそれ相当の慰謝料を要求できます。

任意の自動車保険に入っている場合はそれで賄ってくれることになりますが、加入者ではない場合には自費でも支払う義務があります。まずは以下の費用が慰謝料相場となります。レントゲンや検査、リハビリなどの医者の治療費です。

これは事故当時の初診費用だけでなく完治するまでの全額です。むちうちはなかなか完璧には治りにくいので、何か月か経っても頭痛がしたり、首に痛みが残ったりするので、鎮痛剤や湿布薬などの毎月の薬代金も含まれます。

仕事をしている人には、病気によって休業状態になった時にはその間の賃金を概算して併せて支払われます。きちっと保険会社や本人が正当な金額で対応してくれれば良いですが、出し渋りがあったケースには一度専門家である弁護士なりに相談するのが得策です。何年か経っても後遺症の残るようなひどい症状も考えられますので、相手方の出方を見て介入してもらう方がベターな時もあります。慰謝料相場をわきまえて支払うべきだからです。

むちうちによる必要書類の提出と慰謝料相場について

車が追突される等の交通事故の被害に遭った時は直ぐに警察に連絡し交通事故担当の警察官に来てもらい、現場の状況、車の破損状況チェックの現場検証をして貰います。その場で体の状況を質問され痛み等が有るときは病院に行く様に指示され人身事故扱いとなります。

病院に行きレントゲン検査を受け診断書を頂き、医師の指示のもと治療と共にリハビリテーションが開始されます。むちうち症状は事故が起こった当日ではなく1日から2日後に痛みが出てくる旨注意する様医師から指示が有りますので、医者の指示にそい状況の変化を見る必要が有ります。その後は治療やリハビリテーションが開始されます。費用に関しては加害者側が負担しますので検査を受けた病院を相手の保険会社に連絡すれば病院からの請求等の事務処理は必要ありません。むちうちの治療を含め身体が回復するまでの期間に関しては保険会社間で決まっている慰謝料相場が自動的に支払われます。又会社勤務の休業補償、主婦の休業補償等は保険会社

に申請すれば既定の金額が支払われます。それらの必要書類は相手側の保険会社から送付されてきます。自分が加入している保険会社に事故の連絡を行い、慰謝料の相場や必要書類に関して予備知識を入手する事が必要です。

むちうち慰謝料相場について