交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

むちうちによる慰謝料相場と慰謝料を少しでも上げる方法とは

交通事故でむちうちになってしまったとき、相手に入通院慰謝料(傷害慰謝料)を請求することができます。 ただその場合ひとつ気を付けてほしいことがあります。 事故に合った後は体に特に目立った異常がなくても必ず病院に行ってください。

むちうちはすぐに症状が出ないことも多く病院に行かない方もいますが、事故後すぐに病院を受診しているかどうかが慰謝料請求する上で重要になってきます。「痛みがないから大丈夫」と思わずにとりあえず病院を受診してください。 慰謝料相場は一律全部同じというわけではありません。「自賠責基準」、「任意保険基準」、「弁護士基準」の3つの計算方法からそれぞれ算出されます。

自賠責基準だと1か月の入通院で12万6千円が相場になります。任意保険基準だと2か月の通院で25万2千円、弁護士基準なら36~52万円です。 弁護士基準での計算方法が一番高くなるので、少しでも慰謝料相場を上げたい場合は信頼できる弁護士に示談交渉を依頼するといいでしょう。 また、どの計算方法でも入院や通院の期間が長いほど金額は上がっていきます。 「弁護士に示談交渉の依頼をする」、「少しでも長く通院する」この2つが慰謝料を上げるポイントになります。

むちうちによる慰謝料相場と慰謝料問題に強い弁護士の探し方

交通事故でむちうちになってしまった場合の慰謝料相場は「自賠責基準」、「任意保険基準」、「弁護士基準」の3つの計算方法からそれぞれ算出されます。 自賠責基準では1日の通院で4200円。1か月あたり12600円になります。

任意保険基準では2か月の通院で252000円、弁護士基準では2か月の通院で36~520000円です。 むちうちでの慰謝料相場は弁護士基準が一番高く、その次が任意保険基準、自賠責基準という形になっています。 少しでも多くの慰謝料を得るには弁護士に示談交渉を依頼するのがいいということですね。

ですが、弁護士に依頼といっても「慰謝料問題に強い弁護士なんてどうやって探したらいいのかわからない」という方もいるでしょう。 そういった方は手近な弁護士事務所を訪問する前にまずはインターネットで調べてみてください。 多くの弁護士事務所はホームページを構えているのでそこを見ればどういった案件に強いのかがすぐにわかります。

また、交通事故の問題に強い全国の弁護士を紹介しているサイトもあります。都道府県別に検索することができるので近隣の弁護士がすぐに見つかるでしょう。サイトによっては無料相談も受け付けているので、依頼するかどうか迷っている方はとりあえず相談してみてはいかがでしょうか。

むちうち慰謝料相場について