交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

むちうちの慰謝料相場の相談を弁護士にするメリットとは

むちうちの慰謝料相場の相談を弁護士にするメリットは簡単です。結局のところ、慰謝料の相場が高くなるからです。高くなるというのは何かおかしい言い方かもしれませんが、事実として、世の中の様々なむちうちの事例を見ますと、弁護士をつけた場合とつけなかった場合とでは慰謝料の相場に2倍以上の開きがあるのが実態なのです。

本来の姿というか、あるべき姿の話だけをしますと、このような状況は何かおかしいのではないのか、弁護士がいようといまいと、その人が受けた精神的な苦痛の程度が同じであれば、慰謝料の相場も同じになるはずではないのかと思われるかもしれません。しかしそれは素人考えというか、世の中そんなに甘いものではないですし、あるべき論だけで世の中が回っているわけではないのです。

素人が自分の苦痛をそのまま保険会社や事故の当事者に説明したところで、別にそれが悪いとか間違っているなどというつもりは全くありませんが、こと第三者から両者を公平な目で見た場合には、いろいろと主張に弱い点というか矛盾した点が出てくるものなのです。ここに弁護士が付いていると、そのような点を補強してくれます。第三者がみたときの納得性が格段に高まり、結果として慰謝料相場も上がるのです。

むちうちによる診療報酬明細書と慰謝料相場について

交通事故が起こった時に一番問題となるのがむちうちについてです。車がぶつかったショックでなるひとが多いのですが、事故のダメージとしては軽度として処理されるのでなかなか慰謝料を貰うことが難しい症状です。では実際貰えるとしたらどのくらいの慰謝料が貰えるのでしょうか。

慰謝料には入退院慰謝料・後遺症慰謝料・死亡慰謝料の3つがあります。例えば、入退院慰謝料は日当4200円程度もらえます。後遺症慰謝料はどのくらいの症状なのかによりますがだいたい30万から100万程度と思っておいて大丈夫です。ただし、これは自賠責保険の相場となっていますので、任意保険基準や裁判所基準の場合はもっと多く貰えることになるでしょう。

だいたい慰謝料相場はこのようになっています。ただ、先程も述べたようにむちうちは軽く見られてしまう傾向にあるため、きちんとした手順を踏まないとたくさん貰うことは難しいです。重要なのはきちんとした書類を揃えることです。請求書・印鑑証明書・交通事故証明書・事故発生状況報告書・後遺障害診断書、そして診断書と診療報酬明細書が必要となります。特に、診療報酬明細書に関しては忘れやすい傾向にあるので病院で貰ったらきちんとしまっておくようにしましょう。

むちうち慰謝料相場について