交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

お得情報サイト1

訴訟で解決する交通事故の慰謝料問題

交通事故において、できるだけ話し合いをする事で、お互いに納得できる様な解決にたどり着く事ができればいいですね。

しかし、常にこの様に上手くいくとは言い切れません。どうしても、慰謝料問題で不満が残る場合などは、弁護士にお願いして訴訟まで進む事もあります。

訴訟と言っても、一般的な裁判と小規模な少額訴訟がありますので、どちらにするのかという事を決定しないといけません。訴訟となる場合には交通事故の慰謝料問題が完全に解決するまでに、時間や手間がかかるという事が予想されます。

訴訟をするかどうかという事は、非常に大きい問題かと思います。

よく考えてどうするか結論を出したいですね。

交通事故慰謝料と症状の程度について

交通事故慰謝料の金額は、被害者の症状の程度によって、大きなバラつきが出ることがありますが、まずは定期的に保険会社や法律事務所などと話し合いをすることがおすすめです。

現在のところ、交通事故慰謝料に関するシミュレーションについて、ネット上で簡単に取り組むことが出来るようになっており、早いうちから便利なツールを使いこなすことが有効です。

大手の保険会社においては、一人ひとりの契約者に対して、交通事故慰謝料に関する分かりやすい説明が行われることがあるため、まずは日頃から役に立つ情報をキャッチすることが大事です。

交通事故慰謝料・損害賠償の法的性質について

交通事故で損害が発生すると、被害者は相手に対して、交通事故慰謝料・損害賠償を請求する権利を取得します。これは、民法709条の不法行為責任が根拠条文です。故意や過失によって相手に対して損害を与えた人間は、相手に対して責任を負うと定められています。

このうち、被った人的、物的損害に対して支払われるのが損害賠償、精神的な損害に対して支払われるのが交通事故なら交通事故慰謝料です。これを請求する側は、相手の過失と損害の因果関係があることを立証していく必要があります。ただし、裁判になる場合の話で、相手が任意に応じればこれを立証する必要はありません。

交通事故慰謝料は後遺障害等級できまる

交通事故に遭い怪我を負うことがあります。その場合はまずは警察を事故証明をしてもらうことが必要です。その後は、医師のいる病院でレントゲンをとり、怪我の状態を確認し治療をはじめます。しかし治療は何年もできるものではなくある時期にくると、医師から症状固定をしてもらうことになります。

これによりこれ以上治療をしても後遺症が残ったという証明をしてもらうのです。これにより、後遺障害等級がきまります。その等級によって加害者側から支払われる交通事故慰謝料の金額がきまっていきます。交通事故慰謝料は正式な病院での治療をしないと認められない場合があります。

突然必要になる交通事故慰謝料の知識

普段の生活においては交通事故慰謝料について意識する機会というのはない事が多いと思います。しかし、交通事故慰謝料の知識というのはいきなり必要になる事もあります。想定外の所で交通事故が発生する事が多いので、交通事故慰謝料が発生するという事は思ってもいなかったという場合が多いでしょう。

交通事故慰謝料についてできるだけ勉強しておくと、いざという時にはその知識を多いに活用する事ができます。また、交通事故慰謝料に備えておきたいという場合には、加入している保険の見直しを行うのもいいでしょう。また、家族とどうするかという事について、よく話合いをしておくというのもいいかと思われます。

交通事故慰謝料は大阪弁護士会所属弁護士みお綜合法律事務所

交通事故慰謝料について