交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

むちうち被害に詳しい弁護士と慰謝料相場について

交通事故によってむちうち被害が生じたなら、交通事故に詳しい弁護士に相談しましょう。交通事故による損害賠償、慰謝料請求は、民法の不法行為の領域ですが、この分野特有の法律知識が必要です。また、道路交通法や医療分野についての知識も不可欠です。そのため、相談するならこれらの知識が豊富である、交通事故に詳しい専門家を選ぶのが得策です。

むちうち被害についての慰謝料相場は、具体的に存在しません。なぜなら、個別の事情によって異なるからです。損害賠償は、損害に対しての補償であるため、ある程度の相場を抽出することは可能です。しかし、慰謝料は、精神的苦痛の穴埋めに対して支払われるものです。精神的苦痛は、人によって感じ方が異なりますし、その人がおかれた環境によっても異なります。そのため、具体的に算定することは難しいのです。

ただし、示談交渉をする際は、これらを含めてまとめて支払いについて交渉をしていくことになります。そのため、損害については明確にしておく必要があるでしょう。その点で、交渉は自分で行うよりも弁護士にお願いしたほうが良いです。保険会社は保険金を出し渋ることもあるため、それから身を守るためには、専門家の力が不可欠なのです。

むちうち事故案件の実績豊富な弁護士と慰謝料相場について

交通事故の被害の一つに、むちうちがあります。 この症状は、事故の影響で首に不自然な物理的な力が加わって、その結果、首に痛みを覚えたり、首が回らなくなってくるとの現象が出てくるものです。 首に力が加わったとき、首がS字型にしなる様が、あたかも、鞭を打ったような形に似ているところから、ネーミングされたものです。 正式な名称として、頚椎捻挫と呼ばれることもあります。

ですから、交通事故に遭って、首に少しばかりの痛みはあるものの、大きなけがはなかったと安心していたら、実は、実はむちうちであったという事態は頻繁にあります。 油断せずに、しっかりと治療をするのはもちろん、慰謝料請求も毅然として行わなければなりません。 その場合、保険会社が行うときの賠償額は、独自の任意保険の基準で算定していくのです。

当然ながら、自社の負担額をできるだけ少なくする方向で、賠償基準が設けられています。 ですから、今までの実績を見ても、被害者が受けた被害を根本的に回復するという観点のものではありません。 そんな場合、弁護士に被害者の代理人になってもらうのがベストです。

弁護士ですと、依頼人である被害者の被害回復を最優先に考えて、保険会社に対して、正当な治療費や適正な慰謝料を支払うように主張いたします。 また、被害者が過失割合や治療期間に納得の行かない場合は、再検証もいたします。 弁護士であれば、同様な状況での慰謝料相場も把握していますので、不当な低額での泣き寝入りを強いられることはありません。

むちうち事故案件の弁護士を雇う費用と慰謝料相場について

交通事故で被害者になると、首周りを傷めたことによるむちうちが発生しがちです。 むちうちは、重度になると日常生活にも支障をきたす症状で、その後の生活制限がかかる場合も少なくありません。 当然、それに見合った分の慰謝料を請求するべきですが、通院1日につきいくらの慰謝料相場はあるものの、症状や加害者の過失などを含めて個別に判断されるのが一般的です。 請求する根拠がある金額を提示しなければいけないので、法律の専門家である弁護士に任せた方がスムーズになります。

むちうち事故案件の弁護士費用としては、着手料20万円に成功報酬が経済的利益の一部という組み合わせが多く、慰謝料を多く取れば、その分だけ弁護士に支払う成功報酬も増える仕組みです。

弁護士を雇う費用は着手料の分は必ず発生しますが、その代わりに保険会社や加害者に対して完璧な対応をしてくれるので、相手方からの反論や時間稼ぎを防いでくれます。 正式に依頼した弁護士は、法的に有効な代理人としてその交通事故についての窓口になるから、保険会社の営業マンや加害者がこっそりとこの条件で示談にしろと押し掛けてくることはありません。

ただでさえ体が痛い状況で、慎重に対応しなければいけない交渉を行うのは困難だから、信頼できる弁護士に早期に任せてしまい、後は療養に専念しながら途中経過の報告だけ受けましょう。

むちうち事故後の加害者の対応と慰謝料相場について

むちうち事故後の加害者になってしまったら、被害者への対応をすぐに考える必要があります。 慰謝料相場としては、被害者の通院、または、入院日数に目安となる金額をかけて算出されるのですが、正当な請求であるかどうかのチェックが欠かせません。 まず交通事故に詳しい弁護士に相談をして、できるだけ早くに正式に依頼するのがベストです。

なぜなら、加害者が直接被害者に言った内容は、たとえ口頭であっても法的に有効になってしまうからであり、うかつな発言をすると言った言わないの水掛け論になりかねません。 日常生活の感覚では、悪いことをしたら相手に謝るのが常識ですが、交通事故においては下手に謝罪をしてしまうと、悪質な相手であった場合は延々と慰謝料を請求されるケースもあり得るのです。

特に、むちうちは主観的な症状のため、正規の病院で診断をしてもらわないと判断が難しいので、なおさら弁護士の助けを借りなくてはいけません。 被害者が感情的になっている場面では、第三者である弁護士に任せた方が丸く収まる可能性が高いので、トラブルになってからではなく、被害者と改めて会う前に法律相談をしておきましょう。

仮に、すぐにその弁護士に依頼するつもりがなくても、どういった対応をするべきかを知っていれば、深刻なトラブルに発展しそうな言動は避けられますし、相手方が頑なであれば弁護士に対応を任せることも選べます。

むちうち慰謝料相場について