交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

役立ち情報サイト4

司法書士が行っている仕事の範囲
資格を持っている人でなければ、司法書士の仕事の範囲について正確に把握しているという人も少ないかもしれませんね。

仕事内容はいろいろありますので、覚えるのも大変そうです。

聞いた話によると、仕事の範囲は法律で定められているのですが、弁護士は彼らの行っている仕事は基本的に行う事ができるみたいです。しかし、実際には、司法書士しかできない仕事というのもあるみたいですね。

少し紛らわしい部分もあるみたいです。もし、分からないという人は相談する時にホームページなどで問題を取り扱っているかどうか、最初に調べておくといいでしょう。

それでも、見つけられない時にはメールや電話で問い合わせておくといいでしょう。

司法書士の調整をする方法

司法書士の借金相談の内容に関しては、実に様々な媒体で紹介されることがありますが、過払い金などのトラブルをうまく調整するために、積極的に担当者とコンタクトを取ることが良いでしょう。

近頃は、信頼のできる司法書士の事務所の選び方について、多方面の媒体でピックアップされることが増えてきており、様々なケースに応じて、各分野の担当者からアドバイスをもらうことがおすすめです。 また、司法書士のサービスの良しあしについて分からないことがある場合には、パンフレットやカタログなどの内容をじっくりと見極めることが成功につながります。

司法書士が成年後見人になる時もあります

司法書士が成年後見人となる場合があります。成年後見人は万能ではなく出来ない事があります。こちらの制度ではお金や各種契約に関する手続きは行えますが、医療機関やクレジットカードなどの連帯保証人などは法律上で出来ない事になっています。そのことは司法書士だけでなく、弁護士でも同じです。

こちらの制度を利用するには精神科医の診断書を添えて家庭裁判所に提出する必要があります。家庭裁判所が適当と認めた人物がなる事が出来ます。家庭裁判所は希望を聞く事もありますが、不適切と判断したら他の人を選任する場合もあります。

弁護士ではなく司法書士に依頼するメリット

司法書士という職業があります。主に債務整理や不動産や会社などの登記に関する業務、そして相続手続きなどに力になってくれるのがこの職業ですが、同じようなことを弁護士でも行えることが多い中、あえて依頼するメリットには何があるのでしょうか。

まず最も大きいのは、専門性です。弁護士は裁判など様々な業務を取り扱っており得意分野は様々です。対して、司法書士はそれに比べると取り扱える業務範囲が狭い分、その分野に特化していると言えます。

また、費用が安くなることが多いのもメリットです。これも弁護士よりも業務が限定されているということもあるからですが、費用を抑えることができればこれは大きな魅力と言えるでしょう。

司法書士と弁護士それぞれの業務の違いについて

司法書士と弁護士は、どのように違うのかよくわからないという人もいます。しかしこの両者は、業務内容によってかなり異なっています。前者は登記や、金銭や有価証券の保管業務である、供託の手続きを行うのが主な仕事です。

後者は、法律に関する業務全般や法律相談を行います。もちろん最近では、司法書士であっても、民事訴訟や調停の代理業務ができることもありますが、かなり制約があります。

ですから法律に関するトラブルを抱えている場合は、まず弁護士事務所に連絡してアポを取り、相談に行くのがいいでしょう。ただしこの場合は、30分につき5400円の相談料が発生します。

司法書士を目指す方へ

司法書士は、不動産登記を始め、会社設立時の商業登記等、財産の権利について登記を行なっていく法律手続きを実践していく重要な職種です。不動産の取引は頻繁に行われるものですから、不動産登記の需要は多く、仕事は安定して発生していきます。

最近は、債務の整理についても対応をするようになっていて、弁護士の業務に近い業務を行うようにもなってきています。学習を行なっていくには、広範な法律手続きに関する学習を行なっていく必要もありますが、資格取得後は、独立起業も比較的容易になってきて、確実な収入を得られる仕事でもあります。

相続手続きついて