交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

浮気離婚で慰謝料の支払い能力がない場合

浮気離婚では、配偶者と浮気相手に慰謝料を請求することができます。しかし、「相手が無職」、「ギャンブル好きで金使いが荒く払ってくれることが期待できない」といった理由で諦めてしまう人も多くいます。

相手に支払い能力がない場合でも、一定の慰謝料は認められることがあります。また、お金を出したくないために、お金を持っていないフリをしている可能性もあります。

まずは弁護士に相談をして、アドバイスを受けてみましょう。子供がいる場合には養育費なども請求することができますので、養育費だけでも確実にもらうべきです。慰謝料の相場は100万円~500万円程度ですが、支払い能力がない場合でも50万円程度ならもらえる可能性があります。

浮気離婚慰謝料は精神的な苦痛に対して支払うべきもの

一度は一生共に生きていくつもりで結婚をしたのに、人に気持ちというのは変わってしまうこともあるものです。価値観や生活観が違うことや他に好きな人ができてしまったことで、離婚をすることになる場合もあるのです。

日本の法律では夫婦のいずれかの不貞行為が離婚理由として公に挙げることができるようになるのです。証拠があれば、離婚が成立して浮気離婚慰謝料をもらうことができるのです。これは浮気された側が精神的な苦痛を伴ったからであり、正式に浮気離婚慰謝料を受け取ることができる権利が発生するからなのです。ですから、証拠を得るというのは大切なことなのです。

浮気離婚慰謝料をもらうためには証拠が必要

配偶者の浮気を知って離婚を決断した場合、浮気離婚慰謝料を貰おうと考える人は多いでしょう。浮気離婚慰謝料とは、相手の浮気により受けた精神的苦痛に対しての慰謝料であり、請求するには確実な証拠が必要となってきます。

慰謝料の対象となる浮気とは肉体的関係のことを指すので、配偶者と浮気相手との間に肉体的関係があった事実を示さないといけません。たとえばラブホテルに一緒に入っていく写真は有効ですが、それがビジネスホテルだと確実とはいえません。相手の様子に細心の注意を払い、言い逃れすることのできない確実な証拠を手に入れるために能動的に動いていく必要があります。

不法行為の浮気離婚慰謝料の相場とは

浮気離婚慰謝料が発生するパターンについては、配偶者の不法行為に基づくものがほとんどですが、少しでも迷っていることがあれば、実績のある法律事務所のスタッフに問い合わせをすることが有効です。

また、浮気離婚慰謝料の金額に関しては、それぞれの夫婦の年齢や離婚の原因などによって、大きな違いが見受けられますが、各方面の専門家のアドバイスを受けることが欠かせません。 一般的に、浮気離婚慰謝料が請求できるケースについて理解を深めたい時には、まずは同じような立場の経験者の口コミを参考にすることがとてもオススメできます。

離婚の関連記事